法人向けの一括買取は高く買い取ってくれる事も!

法人向け買取サービスを利用するときは業者選びがポイントとなります。 - 法人買取の流れとお金

法人買取の流れとお金

法人買取を行う場合、どのような流れで行われるのでしょうか?
在庫量が多いだけに、どれぐらい時間がかかるのか、倉庫が空くタイミングや買取金額が入金されるタイミングなどを事前に知っておきたいという人もいるでしょう。なので簡単に法人買取の流れについて紹介します。

法人買取の流れは「問い合わせ」からスタート

法人買取の流れは「問い合わせ」からスタートします。
問い合わせ方法は、買取業者が運営しているサイトにはお問い合わせホームや買取申込みフォームなどが用意されています。
また質問がある場合などは、直接電話で問い合わせる事も可能です。
「問い合わせ」をして、買取商品の情報データを送る事で買取業者は見積もり金額を報告します。
見積もり自体は無料で行ってくれるので、複数の業者に依頼して、見積もり金額やその際のスタッフの対応などを比較して、1つの業者に絞り込みするといいでしょう。
見積もり金額に納得した場合は、次は「品物の配送」となります。
品物を配送した後に、商品を直接見て「正式査定」が行われます。
そしてここで正式な査定額を報告します。
正式査定額で問題がなければ、指定口座に買取金額が入金されます。

事前に確認しておきたいお金の話

法人買取を行う際に、買取金額だけでなく、買取の流れの中で発生するお金についてどちら側が負担する事になるのか、お金の話はうやむやにせずに、必ず事前に確認するようにして下さい。
例えば量が多くなると配送料もバカになりません。
基本的に配送料は元払いになる業者が多くなっています。
そのため会社で普段使用しているトラックなどがあれば、自社トラックで配送した方がコスト削減となるでしょう。
あと送金手数料に関しては、業者が負担してくれるケースが多くなっています。

関連する記事

ページ上に戻る