法人向けの一括買取は高く買い取ってくれる事も!

法人向け買取サービスを利用するときは業者選びがポイントとなります。 - 法人買取は点数が多い理由

法人買取は点数が多い理由

個人でもブランド品や洋服、書籍にCDなど不要になったモノはリサイクルショップへ持って行き、買取してもらう。
そんな経験をした事があるでしょう。ですが個人の場合は買取してもらう点数も数が知れています。
対して法人の場合は、個人とは比べ物にならないぐらい不要になったモノの点数が多くなります。
そのため法人専用の買取専門店もあるぐらいです。では具体的に法人買取について紹介します。

法人で不用品が出るケースについて

まずなぜ法人の場合、個人と比べて不用品が出る点数が多いのか、その理由について紹介します。
法人の不用品もいろいろなモノが対象となりますが、最も多いのは自社製品の在庫です。
自社製品が思ったよりも売れずに大量に余ってしまった場合、いつまでも倉庫に保管する訳にもいきません。
そして処分するのにもコストがかかってしまいます。
ただでさえ売れなかった商品の在庫という事で、利益が出ていない状態です。
これ以上の出費は極力抑えたいというのが法人側の願いです。
そのため買取してもらう事で、法人側はコスト削減というメリットがあります。
対して買取側は、中古ではなく新商品を買取する事が出来るので、売れ筋商品になる可能性があります。
消費者も安い中古価格で、新商品を試せる訳ですから、関わる全ての人にメリットがあると言えるでしょう。

法人のB級品在庫について

また法人はB級品在庫を抱えているケースもあります。
B級品とは、正規の製品と比べて劣っている商品の事です。
例えば配送事故が起きてしまい、箱が破損してしまい、売り物にならなかったり、製造過程でキズモノになってしまったりします。
これらの商品は不良品なので、売り物として店舗に並べる訳にはいきません。
そして在庫として所有していても、倉庫の中で邪魔になり、処分するコストが勿体ないと法人は頭を悩ませています。
そんな時でも法人買取を行ってくれる業者は存在します。
消費者の中には安く販売してくれるなら、どうせ箱なんてすぐに捨てるし問題ない。
小さなキズがついていても、気にならないし、それで品質のいい商品が激安価格で買える方が嬉しい。
B級品をB級品だとキチンと説明した上で、安く提供すれば、B級品でも売り物として成立するという訳です。

関連する記事

ページ上に戻る